メニュー

家を売る際、我が家がまず最初にしたこと

  • はてなブックマークに追加

まさかの1380万円査定を受けて(※前回の記事)から、なんとか少しでも高く家を売却するためにはどうしたら良いのか?調べ、学んだ記録です。

*目次

1.近隣の家や土地の価格を調べてみた←絶対調べた方が良い。
2.家を売るための最低限の知識を得た
3.家を少しでも高く売るためにはどうしたら良いか考えた
4.複数の不動産屋に家を査定してもらった←絶対やった方が良い。

1.近隣の家や土地の価格を調べてみた

・うち、安くないですか?

8年間でこんなに値段が下がってしまうものなのか?イマイチ信じられなかった私達夫婦は、まず最初にインターネット上で見られる近隣物件
・中古住宅
・新築住宅
・土地
の値段を調べました。坪単価の欄に注目です。
※坪単価=1坪あたりの値段。

▼近隣の中古住宅の価格
価格 土地面積 家面積 間取り 築年数 坪単価
我が家 1380万円 25坪 80平米 3LDK 築8年 55.2万円
物件A 3500万円 60坪 185平米 6LDK 築13年 58.3万円
物件B 1750万円 29坪 77平米 3LDK 築10年 60.3万円
物件C 2680万円 34坪 82平米 3LDK 築11年 78.8万円
物件D 1780万円 38坪 87平米 4LDK 築33年 46.8万円

新築住宅の価格も調べました。※中古住宅がこれ以上で売れる訳がないので。

▼近隣の新築住宅の価格
価格 土地面積 家面積 間取り 坪単価
物件A 2580万円 33坪 86平米 3LDK 78.1万円
物件B 2780万円 33坪 97平米 4LDK 84.2万円
物件C 2980万円 40坪 90平米 4LDK 74.5万円
物件D 2880万円 33坪 87平米 3LDK 87.2万円
物件E 2880万円 38坪 90平米 3LDK 75.5万円

最後に近隣の土地の値段も調べました。

▼近隣の土地価格
価格 土地面積 坪単価
我が家 1380万円 25坪 55.2万円
物件A 1430万円 24坪 59.5万円
物件B 1490万円 29坪 51.3万円
物件C 1600万円 38坪 42.1万円
物件D 1800万円 34坪 52.9万円

・もう少し高く売れそうじゃないの。

*築8年は、割と築浅である
*我が家の近隣物件で新築の場合2500万円~2900万円くらい。=2000万円以上の売却は厳しい
*土地を見てみると、うちは家が建ってるのに土地だけの物件価格より下に査定されている。
*周りの中古住宅の売り出し価格を見ると、どうしても1380万円スタートは納得がいかない。
*どう考えても査定価格安すぎるだろ・・・。
*1380万円査定=すぐに売れる価格で設定したのでは?という仮説がたった。

一番最初に査定してもらったが妥当な金額なのかどうか、こうして自分で調べてみるまでは分かりません。査定してもらう前に近隣物件の価格をインターネットで調べておくのが一番良い方法ですね。

※簡単に近隣の物件価格は調べられるので、インターネットで近隣物件価格を調べてみて下さい。詳しくは→簡単に今の家の相場を知るには

2.家を売るための最低限の知識を得た

近隣物件の価格を調べてみて、1380万円査定が納得できない!となったものの。

家を売るなんて生まれて初めて。ここからどうやればもっと高く家を売る事ができるのか?右も左も分からないので、とりあえず家を売る知識関係の書籍を3冊ばかしAmazonで注文し読んでみた。

で、分かった事。不動産の売買なんてものは、細かいややこしい事は不動産屋に任せておけばいいんです。手続き関係とか、申請とかは任せた方が確実に効率が良いですし。素人は無理です。

ただ、最低限知っておきたいことが。
家・土地を売る際の流れ
家を売るときかかる税金
家を売るときの諸費用

分かりやすいようにまとめてみたので↑リンクから読んでみてね。

※スケジュール設計のために売買の流れは絶対知っておいた方がいいですし、家を売る際にかかるお金は必ず把握しておく必要があります。そのお金も計算して売値を決めた方が良いからです。

3.家を少しでも高く売るためにはどうしたら良いか考えた。

・汚い家は誰も買わない

これ当たり前の事なのですが、忘れてる人が多いです(私)。家ってとんでもない高額商品です。ほとんどの人がローンを背負い買うわけです。その分選ぶのにも慎重になるのは当然です。

ハッキリ言って自分の家が凄く良い!と思っているのは自分だけです。自分が家を購入するとき、どういう家だったら買おうと思うか?そこをまず考えてみました。

*外観が汚い *庭の草ボーボー *窓ガラス汚い 
*窓隅に埃が積もりに積もっている *黒ずんだ便器
*カビだらけの風呂 *油ギトギトのキッチン
*傷だらけの壁、フローリング *壊れたドア *白く曇ったシンク

こんな家に1,000万とか2,000万出して住みたいって思いますか?メンテナンスはやっぱり大事だと実感しました。せめてトイレと風呂の水周りだけでも掃除をしておくと、印象が全然違います。

※ただ、リフォームしてから売るのは絶対やめた方がいいです。その分高く売る事ができるか?といったら、出来ないと言われています。

・臭いが嫌な人も多い

人の家って、「におい」がしますよね。「臭い」なのか「匂い」なのかは人それぞれですが、このにおいに敏感な人が結構います。

特に煙草を吸う家や、ペットがいる家は自分では気付かないけれど臭いがこもってたりします。内覧があるときは、来る前に窓を全開にして換気しておくと良いと教わりました。

・家を売る理由

内覧を通して思ったのですが、「なぜこの家を売るんですか?」と買主さんから聞かれることが大変多かったです。

その時に正直に「狭いから」「間取りが悪くて・・」など正直に言い過ぎてはやはりいけませんね・・。正直に言うのは人として当然なことなのですが

ストレートに家の不満を言うとその人は家を買ってくれる訳ありません。我が家は「子供が3人になったので部屋が足りなくて」とか「ひとり1部屋与えてあげたくて」とか説明してました。

逆にイイ所はどんどん言っちゃってOKだと思いました。日当たりが良い、閑静で過ごしやすい、近所も良い人が多い、コンビニまで○分とかスーパーまで○分とか。なんでも良いから言ってみると良いです。※買主さんから聞かれたら、ですが・・。

4.複数の不動産屋に家を査定してもらった

・ひとつの不動産屋だけじゃ分からない

一番最初に相談に行った不動産屋では、1380万円と言われてしまっていたので、どうしたら良いんだろうとインターネットで調べているうちに「不動産の無料一括査定」というのがあると知り、利用してみることに。(ここ。

これが正解でした。次回の記事に家の一括査定を記録しています。

← 家売却実践記に戻る 次→ 家の一括査定記録 

このページの上へ

我が家の売却実践記録
家・土地を売る手順と手続き
最低限の知識
家を売る時の疑問
迷いどころ・・・
コラム
このサイトについて