メニュー

リフォームしてから売る場合のメリット・デメリット

  • はてなブックマークに追加
リフォームしてから売るべき?

「リフォームしてから売る」という場合のメリット・デメリットをまとめてみました。

*リフォームしてから売る場合のメリット

・見栄えが良くなるので印象が良い。
・室内が綺麗な方が買い手が付きやすい。成約率が高くなる。
・リフォームローンが組めない買主には魅力的になる。
・買主はリフォーム費用を心配しなくて良い

*リフォームしてから売る場合のデメリット

・リフォーム費用の分が価格に上乗せされるかといったら確実ではない。
・買い手が思い描いているリフォームと違えば意味がない。
・現況引き渡しの方が買主にとって選択肢が広がる場合もある。
・リフォームを自分でやるつもりの買主にとってはお節介になってしまう。

大がかりなリフォームはちょっと待った!

 確かに綺麗な物件は、買い手がつきやすい。だけどその分高く売れるとは限らない。

不動産屋の中でも賛否両論なのですが、意見として最も多かったのは
*「売却しやすいが、その分高く売却できる約束はできない」
*「リフォームした方がいいか?必要無いか?というのは物件の状況ごとに異なる。一旦こちらに相談をしてくれたら提案できる」

というものでした。

確かに凄く汚い家の場合はリフォームしないと内覧時に印象が悪すぎます。が、その「リフォームした方が良い」という加減が素人だとサッパリ分かりませんよね。

自分で判断して決める前に、不動産屋の担当者とよく相談して試算をするのが間違いないです。ほとんどの不動産屋はリフォーム済み案件の経験も多く持っていますので、適切にアドバイスをくれます。

壁紙や畳の張り替えなど簡単なリフォームは値段は割と安くできるので、壁や畳があまりに汚い場合は検討してみても良いと思います。

また、水周りはリフォームまでいかなくてもハウスクリーニングをすると買主にとって大変喜ばれるそうです。

また、壊れていて直さないと住めないという箇所は直しておく方が当然印象が良いです。大型なリフォームは費用対効果が必ずしも勝手に行わないでおくのが無難です。

 壁紙交換や畳の張替えなど簡単なリフォームだけにしておくのが◎

家の査定価格は、不動産会社により上下10%も差があると言われています

不動産の一括査定で家の査定額が1380万→1880万円で売却成功!【500万円も高くなりました】

不動産一括査定サービスの中で一番優秀なのが、「イエイ不動産一括査定」です。
大手不動産会社はもちろん、100社もの不動産屋の中から、最大6社へ無料で一括査定依頼ができ、複数社の査定額を比較できます

一括査定依頼できる不動産会社は100社

150万人以上の利用実績があり安心して利用ができます。もちろん査定は無料です。
不動産無料一括査定はここからできます。

このページの上へ

我が家の売却実践記録
家・土地を売る手順と手続き
最低限の知識
家を売る時の疑問
迷いどころ・・・
コラム
このサイトについて