メニュー

より家を高く売るための3つのコツ

  • はてなブックマークに追加

家を売るときの注意点まとめに引き続き、今度は「家を高く売る方法」について考えてみました。我が家の経験談から家を高く売るコツを3つのポイントにまとめました。

*家を高く売却するための3つのポイント

1.複数の不動産屋に家を査定してもらう←大前提!
2.不動産屋だけでなく売主の努力も大切
3.ハウスクリーニングの必要性

1.複数の不動産屋に家を査定してもらう

 1380万円査定が、1700万円にアップ。複数会社からの査定は必須

しつこいくらい書いていますが、それ位「複数会社から査定をもらう」ことは家を高く売る上で重要なことです。(不動産の一括査定はこちらからできます。

我が家はこの一括査定をすることによって、1380万円だった査定額が1700万円へ上がり、さらに売り出し価格は1980万円にして貰う事が出来ました
(この辺は売れるまでの奮闘記に書いてます)

家の一括査定をすると、色々な不動産屋と話が出来ます。話をすることで見えてくる物がたくさんあります。この辺の中古住宅の相場や土地の相場も正確なものを教えてくれます。

担当者が信用できないときほど、不安なものは無いですから良い担当者を見つけるためにも複数の不動産屋に査定してもらうというのはとても良い方法です。

  
▼我が家の査定額(都内多摩地区、築8年、25坪、3LDKの一戸建てです)
A社査定額 B社査定額 C社査定額 D社査定額
1380万円 1700万円 1560万円 1650万円

一般的に、会社によって査定価格は上下10%程度開きがあると言われています。

家を高く売りたい!と思ったら、必ず複数の不動産屋へ査定してもらいましょう!

2.不動産屋だけでなく売主の努力も大切

 売主がしておくべきこと、努力すべきこと。最低限5つまとめてみました。

不動産屋に依頼したら、それっきりで何もしない!という人が非常に多いそうです。掃除もせず、片付けず、そのまま内覧に来て貰うことは日常茶飯事だと不動産屋の方が言ってました。

でも実は「早く高く」決まっている人の条件として、売主も努力している。ということが挙げられるとのこと。

売主が出来る努力として、最低下記5点抑えておきたいです。

・第一印象を良くする(家、自分、共に)
・できる限り掃除する&片付ける
・押し売りしない
・内覧前は窓全開で換気を
・とりあえずカーテン開けとく

売主の努力その1 第一印象を良くする

 家の見栄えが良いと、第一印象もUP

家の第一印象はとても重要です!パッと見て解放感がある、庭が素敵だとか片付いている・・などいくらでも努力次第で第一印象は上がります

どうして良いか分からない人は、とりあえず不要なものは片付け(車のトランクに押し込むとかでもOK)、ホームセンターでいくつかお花を買ってきて、玄関前や庭先に置いておくだけでもだいぶ印象が違います。

また、家の第一印象が良いのに売主の印象が悪かったらどうしようもないです。おしゃれするとかそんな必要は無いですが、ある程度ちゃんとした格好をして丁寧な対応をした方が良いです。

以前我が家が見に行った中古住宅の売主さん、旦那さんの方がかなりムスっとして偉そうで、上から目線でハッキリ言って「誰が買うか」って思いました(爆)。せっかく綺麗な良い家でも、住んでいる人の印象が悪ければ台無しです。

売主の努力その2 できる限り掃除する

 掃除グッズ

「中古なんだから汚くても仕方ないんじゃないの?」

いやいや!絶対そんなことないです。新築住宅が、中古住宅なみの値段で手に入る現在。中古住宅も綺麗じゃないとホント売れないです。最低限の努力は絶対にするべきです。

家を売ろうと思ってから、ずっとgoo不動産やYahoo不動産で物件をチェックしていますが、中古住宅は見た目がかなり大事だと思います。綺麗な住宅はやっぱりすぐ売れていくし、汚い住宅はかなり長い間売れ残っています。

面倒くさいと思う気持ちはとても分かります。私も面倒くさかったですし、出来たらそのまま見て貰って良いという人いればいいな~位で(笑)。でもそんな人実際いないですよね。

賃貸アパートや賃貸マンションじゃなくて、何千万もローン組んで我が家を買ってくれるんです。汚い家に何千万も出して買おうと思わないですよね。

内覧前に私が掃除したところは、やはり風呂やトイレ、キッチンなど水周りです。あとは窓周りを綺麗に拭いたり、子どものおもちゃはとりあえず車に隠しておき、部屋が広く見えるように努力しました。

実際やってみて思ったのですが、めちゃくちゃ印象変わります。本当です。できる限り掃除をする努力はしましょう(*^^*)

売主の努力その3 売り込まない

無理やり売り込まない

内覧に来た人に、自分の家の良いところを言いたくなる気持ち、凄く分かります。うちも良いところが沢山あって、柱が太いとか収納が多いとか、コンセントの数が多くて洗濯機の蛇口はお湯も出るようにしたんですよとか、言い出せばホントきりがないです(笑)。

最初、自分の家の良いところは沢山言った方が良いんだって思っていました。でも内覧に来た人からすると、「どうしてそんなに良い家なのに売るんだろう?」「なんかあやしいな」と逆に思われてしまう事もあるんだそうです。

もちろん質問されたことには答えて良いのですが、ずっと買主さんに付いてまわりあれこれ聞いてないことまでベラベラとまくし立てるのは、絶対にしてはいけないことだと教わりました。

沢山言いたい事はあると思いますが、ぐっとこらえてあまりうるさく「押し売り」するのはNGです。気をつけましょう!

売主の努力その4 内覧前には窓全開で換気を

窓を開けておくと、家の匂いが軽減!

人の家に行くとよく分かると思いますが、家にはそれぞれ「におい」があります。もちろん住んでいる人は全然気付きません。

内覧に来たとき、少しでもそのにおいを軽減させる目的でやると良いのは、芳香剤を使うよりも窓全開作戦が良いです。

内覧前の10~15分程度、家中の窓を全て開けて換気をしておきます。(もちろん内覧時には閉めてくださいね。)空気を入れ替え、綺麗な臭いで買主さんを迎えましょう。

売主の努力その5 とりあえずカーテン開けとく

カーテン

内覧時には部屋のカーテンは、全て開けておきましょう。

カーテンが開いていると、解放感があるだけでなく部屋が広く見える効果もあります。我が家も内覧時は、家中のカーテンは開けておきました。

2階の寝室や子供部屋だって、カーテンは開けておいた方が広く見えます。必ず全部の部屋のカーテンを開いておきましょう!

3.ハウスクリーニングの必要性

 残念ながら、売れた金額そのまま丸々使えるわけではない

「ハウスクリーニング」とは、お掃除専門の業者さんにお金を払い、家の掃除をしてもらうものですが、これ必要?ということを考えてみたいと思います。

ハウスクリーニングの料金を見てみます。

▼とある業者のハウスクリーニング料金
レンジフード換気扇・浴室 18,000円
レンジフード換気扇・浴室・トイレ 25,000円
レンジフード換気扇・ガスコンロ・浴室・トイレ 33,000円
レンジフード換気扇・ガスコンロ・浴室・トイレ・洗面化粧台 39,000円
掃除

他の業者の値段も見てみましたが、だいたいこんなとこです。ダスキンとか大手はもう少しかかりそうな気がします。

この値段を踏まえた上で、やるかやらないか?を決めると良いと思いますが、基本やる方向で居た方が絶対良いと思います。我が家は内覧の日は出来るだけ自分で掃除しておいて、買主さんに「引き渡す前に、コンロと換気扇、風呂、トイレはハウスクリーニングを利用して綺麗にしておきます」という風に説明していました。

ハウスクリーニングの費用を少しでも抑えたいという人は、ハウスクリーニングの一括見積りを利用すると一番安いハウスクリーニングの会社を見つける事が出来ます。
ハウスクリーニングの一括見積りはこちらからできます。

ただこれは、実際家を買ってくれる値段によりお財布と相談・・という感じになるかと思います。希望より高く家を買ってくれるようであればやるべきですし、あまりに希望とかけ離れている金額で交渉してきた場合には、やる必要は無いと思います。

我が家の売却実践記録はこちらからどうぞ。

家の査定価格は、不動産会社により上下10%も差があると言われています

不動産の一括査定で家の査定額が1380万→1880万円で売却成功!【500万円も高くなりました】

不動産一括査定サービスの中で一番優秀なのが、「イエイ不動産一括査定」です。
大手不動産会社はもちろん、100社もの不動産屋の中から、最大6社へ無料で一括査定依頼ができ、複数社の査定額を比較できます

一括査定依頼できる不動産会社は100社

150万人以上の利用実績があり安心して利用ができます。もちろん査定は無料です。
不動産無料一括査定はここからできます。

このページの上へ

我が家の売却実践記録
家・土地を売る手順と手続き
最低限の知識
家を売る時の疑問
迷いどころ・・・
コラム
このサイトについて