メニュー

共有名義の家・土地の売却には、共有者全員の同意が必要。

  • はてなブックマークに追加
共同・共有名義の不動産は売却できるか

 全てを売る場合、共有者全員の承諾が必要

*共有名義の家・土地の売却に必要なもの

・共有者全員の実印、押印
・共有者全員の契約書への記名
・共有者全員の印鑑証明

共有名義とは、その不動産全体の権利を共有しているという意味です。「2分の1持ち分がある」というのは、その土地の半分を自分が持っているという意味ではありません。

ですので共有名義の不動産を売るには、共有者全員の同意・承諾が必ず必要になります。勝手に処分するのは違法です。

契約の際は共有者全員が同席する必要があります。手付金の授受がある契約の日(不動産屋or売主・買主の自宅が多い)と、決済の日(銀行)の2日間は必ず全員が集まる必要があります。

※家を売る前に、共有者のうち誰かひとりに名義を変えることも出来ます。もちろん、名義変更は共有者全員の同意がないと出来ません。

*自分の持ち分だけ売れる?

 法的には可能だけれど・・・持ち分(権利)だけを買う人はいない

先にも書いたように、共有名義とは、例えば「2分の1持ち分がある」というのは、その土地の半分を自分が持っているという意味ではありません。あくまで土地全体の権利を2分の1持っているという意味です。

法的に、自分の持ち分(権利)だけを売る事は可能ですが、「2分の1の持ち分(権利)だけを購入する」という人はまずいないでしょう^^;

2分の1ずつ2人で共有名義とされている不動産があって、半分だけ売りたいと考えるならば「共有物分割の協議」を行い土地を半分に分けA部分はあなた。B部分は私。ときちんと分ける必要があります。

共有物分割の協議は共有者全員で協議するものなので、共有者の中に売却に反対する者がいれば分割に応じないので、結局は"共有名義の土地は共有者全員の承諾が必要"と言えます。

別の方法としては、たとえばA,B,Cの3人で共有名義の土地があったとしたら、その不動産を売り現金が欲しいAに対して、他の共有者B,CがこのAの持ち分の対価を現金で支払い、B,Cで再度不動産を共有名義にする、という方法もあります。

*不動産が売れたお金はどうやって振り分ける?

自分の持ち分に応じた金額を受け取ります。2分の1ずつ2人で共有している不動産であれば、売れたお金も半分ずつです。3分の1ずつ3人で共有している不動産であれば、3分の1の金額を必ず受け取らなくてはなりません。

もし受け取った記録がきちんと残っていないと、贈与とみなされ贈与税の対象となってしまいます。必ず通帳など記録に残るように振り分けましょう。

 必ず持ち分の割合と同じだけの金額を受け取る必要があります

家の査定価格は、不動産会社により上下10%も差があると言われています

不動産の一括査定で家の査定額が1380万→1880万円で売却成功!【500万円も高くなりました】

不動産一括査定サービスの中で一番優秀なのが、「イエイ不動産一括査定」です。
大手不動産会社はもちろん、100社もの不動産屋の中から、最大6社へ無料で一括査定依頼ができ、複数社の査定額を比較できます

一括査定依頼できる不動産会社は100社

150万人以上の利用実績があり安心して利用ができます。もちろん査定は無料です。
不動産無料一括査定はここからできます。

このページの上へ

我が家の売却実践記録
家・土地を売る手順と手続き
最低限の知識
家を売る時の疑問
迷いどころ・・・
コラム
このサイトについて