メニュー

家族名義の家・土地は名義を変えなければ売れません。

  • はてなブックマークに追加
家族名義の不動産は売却できるか

 本人の承諾なしに勝手に売る事はできない

たとえ家族であっても、名義人の承諾なしでは家・土地を売却することはできません。

名義人を変更すれば売る事はできますが、もともとの所有者の承諾が無いと名義を変更することも出来ません。

家や土地の売却には、所有者の実印と印鑑証明が必ず必要になります。役場では本人でなくても印鑑証明は手に入りますし、実印も保管場所を知っていれば勝手に使う事も出来るでしょうが、それを勝手に行い不動産を処分してしまうと、違法となります。

ですので所有者の承諾を得て、不動産の名義変更をしてからでないと不動産は売る事ができません。もしくは所有者の死後、相続人全員で相談し全員の承諾を得る事ができれば名義が変更できます。

*所有者である本人が認知症など病気の場合は?

家・土地の所有者である家族が、認知症などで施設・病院へ入所してしまい、「本人名義の不動産を売却した資金を入所費・入院費・治療費などに充てたい」という家族からの相談がかなり増えてきているそうです。

 後見人制度を利用すれば、本人に代わり不動産売却が可能

この場合、「成年後見制度」という制度を利用することで不動産の売却が可能になります。

【手順】
1.後見開始の審判を家庭裁判所へ申し立てる
2.後見人の選任
3.後見人として家庭裁判所へ不動産売却の必要性を申し立てる

★後見開始審判は、4親等内の親族であれば申し立てが出来ます。推定相続人全員の同意は必要ありません。

【申し立てに必要なもの】※本人=不動産の所有者(名義人)
・本人の戸籍謄本
・申立人の戸籍謄本
・後見人の戸籍謄本
・本人の診断書
・本人の精神状態についての鑑定

★法務省 成年後見制度について http://www.moj.go.jp/MINJI/minji17.html

家の査定価格は、不動産会社により上下10%も差があると言われています

不動産の一括査定で家の査定額が1380万→1880万円で売却成功!【500万円も高くなりました】

不動産一括査定サービスの中で一番優秀なのが、「イエイ不動産一括査定」です。
大手不動産会社はもちろん、100社もの不動産屋の中から、最大6社へ無料で一括査定依頼ができ、複数社の査定額を比較できます

一括査定依頼できる不動産会社は100社

150万人以上の利用実績があり安心して利用ができます。もちろん査定は無料です。
不動産無料一括査定はここからできます。

このページの上へ

我が家の売却実践記録
家・土地を売る手順と手続き
最低限の知識
家を売る時の疑問
迷いどころ・・・
コラム
このサイトについて