メニュー

不動産を売却するとき、「買取」と「仲介」どちらが良い?違いをまとめました

  • はてなブックマークに追加

 「買取」「仲介」それぞれの違いと

家やマンション、土地…etc.不動産を売却するとき、大きくわけて「買取」と「仲介」の2通りの売却方法があります。

先に書くと「絶対"仲介"が良いよ!」という結論なのですが、なぜ仲介がいいのか、それぞれの違いや仕組みをこの記事では解説しています。

*「買取」と「仲介」の違い&仕組み 

 不動産「買取」の仕組み 解説図

 不動産「仲介」の仕組み 解説図

「買取」→不動産屋がその不動産を直接買い取る。そのあと買い取った業者が他の人に売る。
「仲介」→その不動産を買いたい人との売買契約を、不動産屋が間に入って取り持つ。

「買取」の場合、買い取った家やマンション・土地をそのあと不動産屋が自由に扱うことができます。

売るこちらからの、「大切な家だから壊さず住んでくれる人に売りたいなあ」など「こうしてほしい」という希望は叶いません。

どんな人に売ろうが、家を壊して更地にされようが、買い取った不動産屋の自由ということになります。

▼「買取」と「仲介」のちがい早見表
買い取り 仲介
不動産の売却金額 安くなる(実勢価格の7割程度) 実勢価格で売れる
仲介手数料 かからない かかる
売却までにかかる時間 早い 売り手が見つかるまで

「仲介」は手数料がかかりますが、「買取」の場合は仲介手数料がかかりません。

*買取のほうが現金が手に入るのは早い 

買取は業者が買い主なので金額さえ合致すれば売却したお金がすぐ手に入ります

「仲介」は売り手と買い手の間の契約を、不動産業者が仲介してくれるので、買い手が見つかるまで売却することはできません(すぐに現金は手に入らない)。

 「買取」は現金化が早い!「仲介」は買い手が見つかるまで売却できません

*ただし売却価格は「仲介」が圧倒的に高い…! 

不動産売却において、「買取り」を選択したほうがいいときというのは「とにかく早く売りたい、値段は下がっても仕方ない」そのくらい切羽詰まって早く現金が欲しい場合のみです。

買取の場合の不動産の価格は、高くても実勢価格の7割程度。場合によっては5~6割の金額での買取になることも。

早く売ることができる代わりに、売却価格はかなり安くなってしまいます(^_^;)

一方、「仲介」では買い手が見つかるまで売ることはできませんが、実勢価格で取引されるため売却価格は買取と比べると高額になります。

 売却価格は「買取」<<<「仲介」!その金額差はかなり大きい

「買取」「仲介」それぞれのメリット・デメリット

まずは違いのおさらいを!

「買取」→不動産屋がその不動産を直接買い取る。そのあと買い取った業者が他の人に売る。
「仲介」→その不動産を買いたい人との売買契約を、不動産屋が間に入って取り持つ。

それぞれのメリット・デメリットをまとめてみました。

▼「買取」と「仲介」のメリット・デメリット
買い取り 仲介
メリット ・すぐ売却できる
・現金化が早い
・手間が少ない
・高額で売却できる
・買い手を選べる
デメリット ・価格が安くなる
・売却したあと不動産がどうなるかわからない
・相場がわからない
・仲介手数料がかかる
・買い手が見つかるまで売れない

 「買取」は早く売れる代わりに価格が安い

1番注意したいのは、やはり不動産の売却価格が「買取」と「仲介」では大きく変わるという部分です。

実際どのくらい変わるのか?具体的に見てみましょう…↓↓↓

*「買取」と「仲介」売却価格はどのくらい変わる?

「仲介」は実勢価格(不動産の時価)での取引となる一方、「買取」は実勢価格の7割程度の金額で不動産業者が直接買い取りを行うのが一般的です。

実勢価格(仲介) 買取価格
1,000万円の不動産 ~700万円
2,000万円の不動産 ~1,400万円
3,000万円の不動産 ~2,100万円
4,000万円の不動産 ~2,800万円

不動産の実勢価格が高い物件ほど、買取の場合との金額差が大きくなります

もちろん上記よりも安く買い取られる場合もあります…。

 急いで現金にしたい場合以外は「仲介」のほうが絶対良い

「とにかく早く!」「安くなってもいい!」こんな場合は仕方ないですが、急ぎではない場合は「仲介」を選ぶべし!です。

やむを得ない理由で買取を選ぶ場合、実勢価格を知ることはかなり重要です。↓↓↓

*「買取」を選択する場合は必ず実勢価格との比較をすること

離婚や相続、住み替えなどで不動産を売却する場合、早く現金化したい!早く売ってしまいたい!と焦る気持ちはとても分かります…!

ただ、不動産業者のなかにはその"早く売りたい!"という売手の気持ちにつけこんで、実勢価格よりめちゃくちゃ安い金額で買い取って再販し儲けを増やす…

こんな悪徳業者もまだまだ多く存在するといいます。

 安く買い叩かれないためにも、必ず実勢価格(今の相場)と買取価格を比較しよう!

買取査定の基準は不動産業者それぞれ。相場がないので買取の業者だけに不動産を査定してもらうことは絶対に避けるべきです。

買取を予定している場合でも、安すぎる金額で買い叩かれることを防ぐために、「仲介」にしたときにいくらで売れるのか?は必ず査定してもらい比較しましょう

仲介の場合の不動産無料一括査定はここからできます。

【まとめ】「安くてもいいからとにかく早く売りたい!」←コレ以外は絶対「仲介」

「買取」と「仲介」で迷ったときは…

●「買取」の場合は「仲介」よりもめちゃくちゃ安い金額での売買になってしまう
●買い取られた後の不動産がどうなるかはわからない

上記をしっかり理解した上で、どちらにするかを検討していきましょう。

 「買取」と「仲介」の売却価格を比較すること!急ぎの場合でなければ「仲介」を選ぼう

我が家の場合は住み替えとはいえ急ぎではなかったですし、査定してもらった結果査定価格(実勢価格)は1番高いところで1,700万円だったので「仲介」を選びました。

「買取」にしたらいくらになるか?を一応確認したのですが、1,020~1,190万円とのことでした(^_^;)住宅ローンが1,560万円残っていましたし、買取だとお話にならんという(笑)

ということで、必ず買取価格と実勢価格を比較すること、早く売りたい急ぎの場合以外は「仲介」が絶対にいい!ということを覚えておきましょう!

家の査定価格は、不動産会社により上下10%も差があると言われています

不動産の一括査定で家の査定額が1380万→1880万円で売却成功!【500万円も高くなりました】

不動産一括査定サービスの中で一番優秀なのが、「イエイ不動産一括査定」です。
大手不動産会社はもちろん、100社もの不動産屋の中から、最大6社へ無料で一括査定依頼ができ、複数社の査定額を比較できます

一括査定依頼できる不動産会社は100社

150万人以上の利用実績があり安心して利用ができます。もちろん査定は無料です。
不動産無料一括査定はここからできます。

このページの上へ

我が家の売却実践記録
家・土地を売る手順と手続き
最低限の知識
家を売る時の疑問
迷いどころ・・・
コラム
このサイトについて