メニュー

家の買い替え 手順と流れ

  • はてなブックマークに追加

*家買い替えの手順

買い替えの流れ「家の売却」「家の購入」それぞれの図式

買い替えをスムーズにするための最適な流れとは、売却と家購入のタイミング(ゴール)を合わせることが理想です。

 「売却」と「購入」のゴールが同時期になるように進めて行くのが理想

*「家の売却のゴールが先」

・メリット
売却価格が決定するため、購入物件は正確な予算を立てた上で購入できる。

・デメリット
家の引き渡しの時期によっては、購入物件が決まるまで(出来るまで)の間の仮住まいが必要。引越しは2度しなくてはいけないし、敷金礼金、家賃などの出費が増える

*「新たな家の購入のゴールが先」

・メリット
住む家の心配が無い。

・デメリット
家を売却した資金がないと新たな物件が購入出来ない場合は買い換えローンを利用しなければならなくなる。

現在の家の残債が残っていなくて、家の購入にかかる頭金などの費用に余裕がある場合は、「家の購入」を先にしてしまっても問題無いです。また、次の家を土地から買って注文住宅で・・という場合、家の建築期間があるので余裕をもって早めに準備しておく必要があります。

ただ、今の家を売却した資金を、次の家の頭金にしようと思っている場合は「買い先行」だと少々不安があります。なかなか今の家のローンが無くて、頭金も貯まってるという人は珍しいので「売り先行」が一般的だそうです。

今の家を売却しないと次の家が買えない人はもちろん「売り」先行です。

 「売却」を先に進めるのが一般的。引き渡し時期を買主に相談しよう

ただし売却を先に進めていたとしても、引き渡し時期を早めてしまうと先に書いたように仮住まいを探さなければいけなくなってしまうので「買い」の方も徐々に準備をしていきましょう。

よく中古住宅の広告にあるのが、「引き渡し時期:相談」という文章です。買主にもある程度「この時期までに引き渡して欲しい」という希望があるでしょうから、それを聞いた上で新しい家の購入を進めていけばよいのです。

そうすると最終ゴールが同じ時期となるのでかなり理想に近い形で売却が出来ます。

家の売却の流れ

売却

(1)複数の業者に査定を依頼する

我が家の売却実践記録にも書いたのですが、最初我が家の査定額は1380万円でした。家のローンは1560万円残ってましたから、かなりショック受けたのを覚えてます(苦笑)。

それが、色々調べて不動産の一括査定を利用したことで1700万円スタートで行ってみましょう!と言ってくれる不動産屋と出会う事ができました

家を売却するときは、なにより色々な不動産屋と話してみて査定額を出してもらうことが一番大切だと感じます。ひとつの業者だけでは分からないことが沢山あります。

まずは家の一括査定をしてみて自分の家の値段を知りましょう!→査定はこちらからできます。

 不動産屋によって家の査定額は大きく変わる事があります

(2)業者から査定価格の提示

一括査定をすると、各不動産会社より家の査定価格を教えてもらえます。

我が家の場合はA社:1380万円/B社:1700万円/C社:1560万円/D社:1650万という結果になりました。

(3)業者と契約。契約方式選択

査定額の結果を受け、担当者との相性や会社の規模等々を加味しつつ、不動産屋に家を売ってもらうための契約をします。

契約方式は、主に「専任媒介契約」と「一般媒介契約」があります。この辺は専任媒介・一般媒介って何?良い不動産屋の選び方を見てみて下さいね。

(4)買主の内覧(訪問)対応

自宅の売り広告が出され、不動産会社に購入希望者から問合せが入ります。もちろん見ずに買う人はまずいないでしょうから、「家を見せて欲しい」という連絡が来ます。これを「内覧(ないらん)」と言います。

日時の希望はなるべく先方に合わせましょう!「買って頂く」というスタンスで・・・^^

水周りだけでも掃除しておくと印象が全然違います!また、家は自分では気付かない「におい」がありますので、内覧前には窓を全ての部屋で全開にして換気をしておくと良いと教わりました。(もちろん内覧時には閉めてね)

家を見に来た人にどこまで話す?も合わせて見てみて下さい。

 日時の希望は合わせよう!水周りの掃除で印象アップ、窓全開の換気作戦でにおい軽減

(5)売買契約の締結・手付金授受

不動産の売買契約は、仲介業者のほか、売主と買主の両方が顔を合わせて行います。仲介業者を通して互いの日時を合わせて行います。

場所は、どちらかの自宅の場合か仲介に入っている不動産屋のことが多いです。

内容は契約書の読み合わせと、互いに契約書に記名・押印を行います。この契約の際に手付金を受け取ることになります。手付金は売買金額の10~20%が一般的です。

(6)売買代金と諸費用清算

家の売却価格から手付金を引いた額が振り込まれます。

ここから住宅ローン残債を清算したり、不動産屋へ仲介手数料を支払ったりします。

この振り込まれる全ての額を次の家の頭金へ回せる訳ではないので注意です。家を売るときの諸費用家を売るときかかる税金も考えた上で次の購入資金に充てて下さい。

 売却価格全て好きに使えるわけではないよ。仲介手数料や税金などもきちんと計算しよう

(7)買主へ引き渡し

家をどのような状態で引き渡すかどうかは、全て契約書に記載します。買主さんが、購入した古家を壊し新しい家を建てる場合なんかは家具付きで引き渡しなんてこともあります。(売主がいらない家具を置いていってる)

その場合契約書に・机1つ ・椅子3脚 みたいな感じで付属品として記載があります。基本この記載以外のものは置いていっては契約違反なのでダメです。

また引き渡しの時期についても契約書で記載して決めておくため、その期日までに引き渡す必要があります。

ゴール!引越し

いよいよ引越し。今までの家にありがとうを言って新生活のスタートです。この時までに、新しい住まいも手続きや準備が完了しているとスムーズに事が進みます。

我が家の売却実践記録はこちらからどうぞ。

このページの上へ

我が家の売却実践記録
家・土地を売る手順と手続き
最低限の知識
家を売る時の疑問
迷いどころ・・・
コラム
このサイトについて